CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

CLO6.2ログインのためのプロキシ設定

フォローする

適用対象:CLO 6.2バージョン以降の企業ライセンスをご利用中のお客様

最初に貴社のネットワークシステムでプロキシサーバーやプロキシを代行するサービスが稼働しているかどうかをご確認ください。

プロキシを使用していない場合は、以下の設定は必要ありません。

 

技術的背景

CLOソフトウェアおよびCLO認証サーバーは、プロキシサーバー機能およびファイアウォール機能を提供しません。CLO 6.1バージョン以前のログイン画面で提供されていたプロキシサーバー設定は、CLOログイン時に発生するネットワーク要求が貴社で使用しているプロキシサーバーを経由するための機能であり、CLO 6.2バージョン以降このオプションは提供されません。

プロキシサーバーやファイアウォールのような安全なネットワークシステムを構築している企業ライセンスをご利用のお客様は、この記事を参考にしていただけます。ただし、特別な場合を除き、一般の個人ユーザーはプロキシサーバーの設定やファイアウォールの設定をする必要はありません。

なお、WindowsやmacOSなどOSレベルで提供されるファイアウォールもありますが、この記事で説明するファイアウォールは、主に企業が構築する安全なネットワークの一部であるファイアウォールソリューションのことを指しています。

 

参照

企業ファイアウォールのセットアップとCLOエンドポイントのホワイトリストへの登録

 

概要

貴社のセキュリティネットワーク内で、CLOユーザーは以下に示すようにログインプロセスを実行します。

  • CLOログイン要求は、アンチウイルスなどのセキュリティプログラムを通過する必要があります。
  • CLOログイン要求は、プロキシサーバーを経由してインターネットに到達する必要があります。
  • CLOログイン要求は、ファイアウォールを通過してインターネットに到達する必要があります。

security_setup.svg

上図は、お客様が理解しやすいように作成された例です。

実際のプロキシサーバーの構成と動作は、図とは異なる場合があります。

詳細については、貴社のITチームにお問い合わせください。

 

 

Windowsユーザー:プロキシサーバー構成をWindows環境変数に追加します

1)Windows [システム環境変数の編集]を開く

001_env.png

2)[詳細設定]に移動し、[環境変数]ボタンをクリックします。

002_variables.png

3)システム環境変数の[新規]ボタンをクリックします。

003_system_variables.png

4)プロキシサーバー情報を新しいシステム環境変数として追加します。

  • 変数名「CLO_HTTP(S)_PROXY」は大文字で入力する必要があります。
  • HTTPSプロトコルを使用している場合は、変数名を「CLO_HTTPS_PROXY」と入力します。
  • HTTPプロトコルを使用している場合は、変数名を「CLO_HTTP_PROXY」と入力します。
  • IDとパスワードを使用して社内のプロキシサーバーにアクセスする場合は、「userID:password@proxy server domain:port」のルールに従って入力してください。
  • CLOアカウント情報ではなく、貴社で使用されている情報を入力する必要があります。次の図は一例にすぎません。

EV_001.png

EV_002.png

  • IDとパスワードを使用して社内のプロキシサーバーにアクセスする場合は、「ip:port」ルールに従って入力します。下の図は一例です。

EV_003.png

 

 

Macユーザー:.bash_profileファイル(またはZシェルを使用している場合は.zprofileファイル)を編集します

1).bash_profileファイルがMacのホームディレクトリに存在しない場合は作成します。

  • このファイルは隠しファイルであるため、Finderには表示されないことにご注意ください。
  • macOSターミナルアプリを開き、次の手順を実行します。
  • pwd:現在のディレクトリを見つけるコマンド
  • ls -a:現在のディレクトリ内のすべてのファイルを表示するコマンド
  • sudo touch /.bash_profile:新しいファイルを作成します

013_touch.png

2)使用しているプロキシサーバーにアクセスするための情報を入力して保存します。

  • ファイルを開き、使用しているプロキシサーバー情報を入力して保存します。以下に例を示します。
    • CLO_HTTPS_PROXY = {userid}:{password}@{proxyserver.com}:{port}
    • CLO_HTTPS_PROXY = {proxyserver ip}:{port}
  • HTTPSプロトコルを使用している場合は、名前を「CLO_HTTPS_PROXY」と入力します。
  • HTTPプロトコルを使用している場合は、名前を「CLO_HTTP_PROXY」と入力します。
この記事は役に立ちましたか?
7人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

記事コメントは受け付けていません。