CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

ブロック作成

フォローする

List of Contents  

モジュールテンプレートを開く

パターンを読込んで配置 

パターンとブロックボックスを縫い合せ

 

Objective 

ブロックを作成するためにCLOから提供しているテンプレートを使用して設定します。


Location

メインメニュー ▶ 右上のモードボタンをクリック ▶ MODULAR

 

Operation

モジュールテンプレートを開く

  1. ブロック編集ウィンドウの右上隅にあるモジュール構造のプリセット値をクリックします。
    →モジュール構造プリセット値ウィンドウが表示されます。



  2. 目的の衣装のカテゴリとタイプを選択し、[OK]をクリックします。
    → 選択したモジュールテンプレートが2D画面に表示されます。


     
パターンを読込んで配置
  1. ブロックボックスにパターンを配置するために必要な衣装ファイルを追加します。

  2. 追加された衣装ファイルのパターンをブロックボックスに配置します。
    →パターンが配置されたブロックボックスに関連付けられます。
    →該当するパターンが3D上のアバターに自動的に配置されます。(ver 7.0)

  3. パターンとブロックボックスを縫い合わせてシミュレートします。

パターンとブロックボックスを縫い合せ

  1. 2Dツールの  線縫い合せ または  自由縫い合せ を選択します。

  2. パターンとブロックボックスを縫い合せます。
     

※ 参照: 

  • 他のパーツと縫い合せのない部分(裾、袖口、ノースリーブのAH等)は、ブロックボックスに縫い合せ設定をする必要はありません。
  • ブロックボックスとブロックの縫製時には、複数縫い合せは使用できません。ブロックボックスの1辺に対して線縫い合せまたは自由縫い合せのみ使用が可能です。 
  • パターンとブロックボックス間の線分長さの違いはシミュレーションには影響しません。
  • ____________.png ブロック縫い合せ表示/パターン縫い合せ表示 で、ブロックボックスとパターン間の縫い合せ設定を表示します。このツールは、Modularモードではデフォルトで有効になっています。ブロック同士の縫い合せを非表示にしてからパターン縫い合せのみを表示する場合にクリックし、再度クリックすると表示されます。

 

 

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
8人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。