CLO HELP CENTER

How can we help you?

V-Rayレンダリング画像/動画プロパティの設定

フォローする

Objective

最終レンダリングの3D衣装を抽出する方法に応じて、画像や動画のプロパティを設定します。


Location

レンダリングツール ▶ image_video_properties.png 画像/動画プロパティ ▶ 属性編集画面(Property Editor) 


Operation

  1. Locationのパスをたどります: 

    レンダリングツール ▶ image_video_properties.png 画像/動画プロパティ ▶ 属性編集画面(Property Editor)


    → 属性編集画面(Property Editor)に画像/動画のプロパティが表示されます。


  2. 下の表を参考にして、画像/動画のプロパティを設定します。


    オプション名 説明
    画像/動画 レンダリングされた3D衣装を抽出する形式を選択します。
    画像 レンダリングされた3D衣装を画像の形式で抽出します。
    ビュー
    ポイント
    現在のビュー 現在の3D画面に表示されているビューでレンダリング画像を保存します。
    ユーザ設定ビュー ユーザ設定ビューから目的のビューを選択して、レンダリング画像を保存します。
    ターン
    テーブル
    画像
    レンダリングされた3D衣装を360°見ることができるターンテーブル画像の形式で抽出します。
    画像数 レンダリングされる画像数を設定します。画像数が多い程、多方向からの衣装画像がレンダリングされます。
    方向 反時計回り 反時計回りの順に回転してレンダリングします。
    時計回り 時計回りの順に回転してレンダリングします。
    ターン
    テーブル
    動画
    レンダリングされた3D衣装を360°見ることができるターンテーブル動画の形式で抽出します。
    ビデオ
    フレーム数
    レンダリングするフレーム数を設定します。フレーム数が多い程、動画がスムーズに回転されているように見えます。
    動画長さ
    (秒)
    総録画時間を設定します。
    動画内
    1フレームの
    長さ(秒)
    1フレームあたりの録画時間を設定します。
    方向 反時計回り 反時計回りの動画になります。
    時計回り 時計回りの動画になります。
    ビデオ
    コーデック
    ターンテーブル動画を録画するビデオコーデックを選択します。
    画像サイズ レンダリングされる画像/動画のサイズを設定します。デフォルトで提供している値を選択するか、各オプションを設定して任意のサイズにすることもできます。
    方向 画像の向きが縦に設定されます。
    画像の向きが横に設定されます。
    画像の幅を設定します。
    高さ 画像の高さを設定します。
    縦横比率固定 Onにすると、画像の幅と高さの比率を固定します。
    画像の色補正 露出 画像の露出を設定します。値が大きい程画像が明るくなります。
    コントラスト 画像のコントラストを設定します。値が大きい程画像の明暗の差が大きくなります。
    背景 画像の背景色を設定します。
    透過 画像の背景を透明に設定します。
    保存 ファイル名 画像ファイルの名前を設定します。
    ファイルパス 画像の保存先を設定します。
    show_in_saved_folder.png  保存されたフォルダを開く をクリックすると、指定された保存先の場所を開き、保存した画像を確認することができます。 


※参照: 属性編集画面(Property Editor)上部の開く/保存ボタンを使用して設定したプロパティを保存したり、開いて再利用することができます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。