CLO HELP CENTER

How can we help you?

プリントレイアウトモードで生地を編集

フォローする

目次  

生地幅

タイプ

材質 

 

Objective 

プリントレイアウトモードでも生地を編集することができます。

 

Location

メインメニュー ▶ 素材 ▶ テクスチャ編集(3D/2D)

3Dツール ▶ edit_texture.png テクスチャ編集(3D)


Operation

生地幅

  1. プリントレイアウトモードに移動します。

  2. Locationのパスをたどります: 

    メインメニュー ▶ 素材 ▶ テクスチャ編集(3D/2D)

    3Dツール ▶ edit_texture.png テクスチャ編集(3D)

     

  3. 3D画面で編集したいテクスチャが適用されたパターンをクリックします。
    → 属性編集画面(Property Editor)に選択されたテクスチャの属性が表示されます。

  4. 生地幅の横にあるドロップダウンメニューから目的の数値を選択します。
    または、生地幅の下にあるinとmmオプションを使用して、必要数値を入力します。
    → 選択された、あるいは入力した数値に従って生地の幅が変更されます。

タイプ
  1. プリントレイアウトモードに移動します。

  2. Locationのパスをたどります: 

    メインメニュー ▶ 素材 ▶ テクスチャ編集(3D/2D)

    3Dツール ▶ edit_texture.png テクスチャ編集(3D)

     

  3. 3D画面で編集したいテクスチャが適用されたパターンをクリックします。
    → 属性編集画面(Property Editor)に選択されたテクスチャの属性が表示されます。

  4. タイプと混用率に生地の情報を入力または変更します。


材質

  1. プリントレイアウトモードに移動します。

  2. Locationのパスをたどります: 

    メインメニュー ▶ 素材 ▶ テクスチャ編集(3D/2D)

    3Dツール ▶ edit_texture.png テクスチャ編集(3D)

     

  3. 3D画面で編集したいテクスチャが適用されたパターンをクリックします。
    → シミュレーションモードのように地の目とテクスチャの変更ギズモが表示されます。

  4. 任意でテクスチャを変更します。

  5. または、属性編集画面(Property Editor)でテクスチャを変更と、必要に応じて, 光沢と不透明度も変更できます。

※参照: 生地のテクスチャを変更したり編集しても、パターンの配置は維持されます。(ver4.0.0~)

 

目次に戻る

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。