CLO HELP CENTER

How can we help you?

SuperALPHA:Plus(ユカアンドアルファCAD)でパターンをエクスポートする

フォローする

Objective

SuperALPHA:Plus(ユカCAD)のパターンファイルをCLO Enterpriseで使用できるようにDXFにエクスポートします。
Alpha myuの場合はエクスポートせず直接CLO Enterpriseに移行します。

※ 参照:

パターンエクスポート前のチェックリスト

  • パターンがすべて閉図形になっていることを確認します。

  • 製図したパターンをCLO Enterpriseでインポートするためには、完全図形が前提とされます。

  • パターンが交差していないことを確認します。

  • 領域が他のパターンに重なっている場合は、その部分が正しくエクスポートされません。


Operation

DXF-AAMAエクスポート

  1. ファイル ▶ EXPORT ▶ TIIP/AAMA設定 (exps)をクリックします。

    SAP01.png

  2. DXF Export設定画面のAAMAタブを開き、「外周のみのパーツの扱い」は「裁ち切りのみ」にチェック、
    「対象メーカー」は「オプティ」にチェックして、[OK]をクリックします。

    SAP02.png

  3. ファイル ▶ EXPORT ▶ TIIP/AAMA出力 (exp)をクリックします。

    SAP03.png

  4. DXF Export画面の「ファイルタイプ」で「AAMA」にチェックします。
    「出力パーツ分類」で出力するパターンに基づいて縫い代の有無を設定後、右の[全領域]をクリックします。
    一部のパーツのみ出力する場合は[指定領域]を選択後、出力するパーツをクリックします。

    SAP04.png

  5. Export指定画面で[参照]をクリックして、DXFをエクスポートするパスを指定して[OK]をクリックします。
    デザイン/スタイル名にファイル名を入力し、[OK]をクリックします。


    SAP05.png

  6. もし「警告パーツがあります。続行しますか?」と表示されたら、まず[はい]をクリックした後、続いて表示される画面で、パターンの出力結果を確認します。
    エラーパーツがある場合にはエラーのパーツは出力されません。


    SAP06.png

  7. すべて「OK」と表示されている場合は、そのまま[OK]をクリックして終了します。「NG」がある場合そのパターンを確認して問題を修正します。例としては、縫い代と通常線が重なったパターンに問題がある可能性があります。

    SAP07.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。