CLO HELP CENTER

How can we help you?

レンダリングの厚さ調節

フォローする

目次

生地毎の設定

パターン毎の設定


Objective

3D衣装画面での生地の厚さを設定します。基本的には衣装のパターンを中心に両側に0.5mmのレンダリングの厚さがあり、この値はユーザが必要に応じて調節することができます。レンダリングの厚さは視覚的に表示される厚さであり、設定した厚さ分生地間の間隔が開いてシミュレーションされるものではありません。

※ 参照: レンダリングの厚さを表示するためには、衣装のレンダリング設定でテクスチャ(厚み有り)を指定する必要があります。


Location

生地毎の設定

オブジェクトブラウザ(Object Browser) ▶ 生地タブの生地リスト ▶ 生地を選択 ▶属性編集画面(Property Editor) ▶ 厚さ


パターン毎の設定 (ver2.3.0)

2Dまたは3D画面でパターンを選択 ▶ 属性編集画面(Property Editor) ▶ シミュレーション属性 ▶ 追加の厚さ - レンダリング


Operation

生地毎の設定

  1. Locationのパスをたどります:

    オブジェクトブラウザ(Object Browser) ▶ 生地タブの生地リスト ▶ 生地を選択 ▶属性編集画面(Property Editor) ▶ 厚さ


  2. レンダリングの厚さの値を入力します。
    →その生地が適用されているパターンすべての厚さが調節されます。

パターン毎の設定 (ver2.3.0)

  1. Locationのパスをたどります:

    2Dまたは3D画面でパターンを選択 ▶ 属性編集画面(Property Editor) ▶ シミュレーション属性 ▶ 追加の厚さ - レンダリング

  2. レンダリングの厚さの値を入力します。
    →選択していたパターンのみ厚さが調節されます。


目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。