CLO HELP CENTER

How can we help you?

COLLADAの関節情報でポーズ変更

フォローする

Objective

※ 参照: 関節(Joint)情報があるファイル形式のアバターを利用する場合のみ使用することができます。
このマニュアルでは、COLLADAファイル形式を利用しています。


アバターの関節が移動してポーズが変わりますので、最初のポーズと変えようとするポーズ間の差が大きい場合にも、衣装を安定的にシミュレートしながらアバターのポーズを変えることができます。
しかし、DAZ StudioからアバターをCOLLADA形式で変換すると形状の構成情報が一部失われてしまうので、ポーズをとったアバターのOBJファイルも一緒に開いて使用し、ポーズ変更後の衣装を整える作業が必要です。
(OBJファイルは形状の構成情報のみを保存するので、読込む過程で一部が失われることはありません。)


Operation

  1. 他の3Dソフトウェアで、衣装を着装しやすいドレーピング用のTポーズのアバターと、別のポーズのアバターをCOLLADA形式でエクスポートします。
     
  2. 別のポーズをとったアバターは、必要に応じて形状を補完するためにOBJファイルとしてもエクスポートします。

  3. CLOで、まず別のポーズをとったアバターのCOLLADAファイルを開きます。
    インポート方法は3Dファイル(COLLADA)のインポートを参照してください。

  4. ファイル ▶ 名前を付けて保存 ▶ ポーズ で、アバターのポーズをPOSファイルとして保存します。
    このファイルは、Tポーズに衣装着装後、アバターのポーズを変えるために使用します。

  5. ファイル ▶ 開く ▶ アバター で、1で保存したTポーズのCOLLADAファイルを開き、衣装を着装させます。

  6. ファイル ▶ 開く ▶ ポーズ で、4で保存したPOSファイルを開きます。
    → アバターが徐々に動いてポーズが変わります。衣装の面積やパーツ数に応じて、多少時間がかかることがあります。

  7. ポーズ変更後、ファイル ▶ インポート ▶ OBJ で、2で保存したOBJファイルを開きます。
    → 部分的に衣装がアバター表面より内側に入って(刺さって)いる場合があります。

  8. シミュレーションがオンの状態で、選択/移動 で入って(刺さって)いる部分を左クリック ▶ ドラッグしてアバターの外に引き出し、衣装を整えます。 選択/移動ツールの説明は、シミュレーションを参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。