CLO HELP CENTER

How can we help you?

インターネット環境でNetworkバージョンをインストールする方法

フォローする

目次

インターネット環境でNetworkバージョンをインストールする方法

1. サーバー機での手順

2. クライアント機での手順

インターネット環境でNetworkバージョンをインストールする方法

Objective

インターネット環境でNetworkバージョンを使用するために必要な設定方法です。
ちなみに、ドングルキーを挿すPC(以下サーバー機と記載)と、プログラムを実行するPC(以下クライアント機と記載)が同じネットワーク上にある(※イントラネット(Intranet)上にある)時、次の設定は必要ありません。
つまり、イントラネット環境があれば、サーバー機となるPCにドングルキーを挿すだけで、追加設定がなくても同じイントラネット内の任意のPC上でソフトウェアを実行することが可能です。

1. サーバー機での手順

Operation

  1. PCにドングルキーを接続し、HASPドライバーをインストールします。
    HASPドライバーは、ソフトウェアをインストールする過程で自動的にインストールされますが、HASPドライバーインストール中に問題が発生したり、サーバー機にドングルキーのみ接続しておく場合には、次のマニュアル参照してHASPドライバーを手動でインストールする必要があります。

     Sentinel HASPドライバー手動インストール方法

  2. ファイアウォールでPort1947が開いているかを確認します。
    基本的にHASPドライバーのインストール時にPort1947は自動的に開かれますが、企業によってのセキュリティ等特定の事由でPort1947が開いていないことがあります。
    この場合、手動でファイアウォールの設定に入ってPort1947を開く必要があります。
    Port1947はクライアント機にインストールしたソフトウェア実行の認証時に、サーバー機にインストールされているドングルキーと通信をするために使用されます。
    設定方法はファイアウォールの種類によって異なりますので、社内のネットワーク担当者に協力を依頼する必要があります。

  3. サーバー機のローカルIPが固定IPであることを確認します。
    (ローカルIPはルーターが自動的に割り当てをしたIntranetでのIPアドレスを指します。)
    ローカルIPを固定IPに設定していない場合、ルーターが再起動された時にIPアドレスが変更されます。
    その場合、次の段階で設定する「ポートフォワーディング」で必要なIPを再度変えなければならなくなってしまい、ルーターを再起動するたびに「ポートフォワーディング」の設定プロセスを繰り返さなければならなくなってしまいます。
    したがって、サーバー機のローカルIPを固定IPに設定する必要があります。

  4. ルーターの設定でサーバー機のローカルIPのTCPとUDP両方のプロトコルに対してPort1947を「ポートフォワーディング」設定します。
    この設定により、クライアント機/サーバー機から送信されたデータがPort1947を介してルーターを経て、サーバー機/クライアント機に行くようにすることができます。「ポートフォワーディング」の方法は、ルーターの種類によって異なりますので、社内のネットワーク担当者に協力を依頼するか、以下のサイトを参考にして実行します。

    ※ 参照:  
    http://en.wikipedia.org/wiki/Port_forwarding(英語ページ)
    http://www.wikihow.com/Set-up-Port-Forwarding-on-a-Router
    (英語ページ)

2. クライアント機での手順

Operation

  1. プログラムをインストールします。

  2. 基本的にHASPドライバーのインストール時にPort1947は自動的に開かれますが、企業によってのセキュリティ等特定の事由でPort1947が開いていないことがあります。
    この場合、手動でファイアウォールの設定に入ってPort1947を開く必要があります。
    Port1947はクライアント機にインストールしたソフトウェア実行の認証時に、サーバー機にインストールされているドングルキーと通信をするために使用されます。


  3. クライアント機にインストールされたソフトウェアがサーバー機の位置を知ることができるように、サーバー機の固定外部IPアドレスを設定します。このプロセスは、HASPドライバーのインストール時に一緒にインストールされた Sentinel Admin Control Center を介して行います。

    ACC Pageにアクセスします。 http://localhost:1947
    下図のように左下の Configuration をクリックします。



  4. Access to Remote License Managers のタブを開きます。



  5. Aggressive Search for Remote License にチェックして、Specify Search Parameters に接続しようとするサーバー機の外部IPアドレス(上記のサーバー設定時に言及したローカルIPとは異なるIPであることに注意してください。)を入力します。
    外部IPアドレスは、外部に公開されたIPアドレスで、ルーターまたはサーバー機のPCで、以下のサイトにアクセスすることにより、確認できます。
    (http://www.whatismyip.com/)

    network01.png

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。