CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

インストール後に発生する可能性のある問題の解決方法

フォローする

目次

頂点バッファに関連する問題

Sentinel HASPドライバーの問題 (Windows) 

Sentinel HASPドライバーの問題 (Mac)

頂点バッファに関連する問題

Objective

グラフィックボードが最小対応の仕様よりも低スペック、またはインテルのグラフィックボードを使用する場合には、3D画面のビュー制御速度を加速する頂点バッファ機能(VBOs)を使用することができません。
推奨のグラフィックボードにすることで、より速い速度で3D画面の表示を制御することができます。
 

Operation

CLOのハードウェアの推奨仕様と最小仕様

※ 参照: PCの仕様を確認する方法

  1. スタート(Windowsロゴ) をクリックし、プログラムとファイルの検索で dxdiag と入力します。
  2. 「dxdiag」プログラムを実行することで、使用中のPCの仕様を確認することができます。

    *Windows公式対応OS: Windows 7, Windows 8, 8.1, Windows 10
    *Mac公式対応OS: Mac OS X Mavericks, Yosemite, El Capitan, macOS Sierra
    *推奨動作環境

高性能グラフィックスを設定する

推奨のハードウェアにもかかわらず問題が発生する場合は、インテルのグラフィックボードで動作するように設定されていることがあります。
以下の方法で高性能グラフィックカードで動作するように変更してください。
 

単一のプログラムの高性能グラフィックス設定方法

  1. デスクトップを右クリックして、[NVIDIAコントロールパネル]メニューをクリックします。

  2. [3D設定の管理]>[プログラム設定]タブ>[追加ボタン]をクリックします。

  3. 参照...ボタンをクリックします。

  4. CLOのアイコンを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

  5. [適用]ボタンをクリックします。

全体のプログラムの高性能グラフィックス設定方法

 

  1. デスクトップを右クリックして、[NVIDIAコントロールパネル]メニューをクリックします。 

  2. [プレビューによるイメージ設定の調整]>[詳細 3D イメージ設定を使用する]をクリックし、[適用]ボタンをクリックします。

Sentinel HASPドライバーの問題 (Windows)

Objective

プログラムのインストール時にSentinel HASPドライバーも自動的にインストールされますが、まれに失敗する場合があります。
Windows OS用のSentinel HASPドライバーをインストールします。

 
Operation

ドライバーのインストール方法(Windows)

  1. 以下のリンクをクリックしてドライバーをダウンロードします。
    HASPドライバーのダウンロード
     
  2. [Windowsのスタートボタン+R(ファイル名を指定して実行)]に[CMD]と入力して、ドライバーをインストールします。

  3. ダウンロードしたhaspdinst.exeファイルをドラッグしてCMDウィンドウに配置すると、以下に示すように、対応するパスが自動的に登録されます。 自動的に入力されたパスの後ろに[-i]と入力し、キーボードの[Enter]を押してインストールします。



  4. http://localhost:1947 に接続し、下図のような画面が表示されれば、HASPドライバーが正常にインストールされています。



  5. 次のエラーが発生した場合は、HASPドライバーを削除して再インストールする必要があります。

    HASPドライバーの削除




    install06.png

 

WindowsでのSentinelドライバーの削除

    1. 以下のリンクからドライバーをダウンロードしてください。
      HASPドライバー:ダウンロード

    2. [Windowsのスタートボタン+R(ファイル名を指定して実行)]に[CMD]と入力してドライバーを削除します。

      22.png

    3. ダウンロードした haspdinst.exe ファイルをCMD画面にドラッグ&ドロップすると、下図下線部分のように、自動的にパスが入力されます。
      自動的に入力されたパスの後ろに[-purge-r]を入力してEnterキーを押すと削除が実行され、下図のように完了のダイアログが表示されます。



    4. ドライバーの削除が完了したら、以下のリンクを参照してドライバーを再インストールします。
      HASPドライバーのインストール

Sentinel HASPドライバーの問題 (Mac)

Objective

プログラムのインストール時にSentinel HASPドライバーも自動的にインストールされますが、まれに失敗する場合があります。
Mac OS用のSentinel HASPドライバーをインストールします。


Operation

Sentinelドライバーのインストール方法(Mac)

*ver21.0ビルド77815MacSentinelドライバー
   対応プラットフォーム:Mac OS X 10.9.x、10.10.x、10.11.x、10.12.x、10.13.x
   https://s3.clo3d.com/sentinel / 7.80 / Sentinel_Runtime.dmg

* macOS Catalina 10.15ユーザーの方は、こちらからSentinelドライバーをダウンロードしてください。

https://s3.clo3d.com/sentinel/Sentinel_Runtime.dmg


  1. ドライバーをインストールするMacに接続されたすべてのドングルキーを外します。

  2. Sentinel_Runtime.dmg をマウントします。 (下図はバージョン21.0ビルド77815)


  3. Install Sentinel Runtime Environment のアイコンをダブルクリックします。

  4. 「hasplmd」アプリケーションがネットワーク接続を受け入れることを許可してください。(このメッセージは表示されない場合があります)

  5. http://localhost:1947 に接続します。

  6. URLに接続できない場合は、10秒後に再試行してください。それでも機能しない場合は、再起動して再接続してください。

    上記の解決策が機能しない場合は、最初のステップに戻って再度ご確認ください。


    install01.png

    Diagnosticsをクリックすると、新しくインストールしたライセンスマネージャのバージョンが表示されます。
    ver 21.0ビルド77815(21.0ビルド77815のバージョン情報は、診断にこのように表示されます)
    install02.png

  7. USB端子にドングルキーを挿します。

  8. ドングルキーが「Sentinel Keys」に表示されれば、正常にインストールされています。

    install03.png

ドライバーの再インストール方法

  1. USB端子からすべてのドングルキーを外します。

  2. ドライバーのインストーラ Sentinel_Runtime.dmg をダブルクリックします。(下図はver21.0Build77815)



  3. Install Sentinel Runtime Environment のアイコンをダブルクリックします。



  4. Uninstall ボタンをクリックします。



  5. アンインストールが正常に行われると、上のダイアログが表示されます。[OK]ボタンを押して、[終了]をクリックしてください。

  6. Macを再起動します。  

  7. Sentinelドライバーをインストールします。以下の方法を参照してください。
    MacにSentinelドライバーを再インストール

    *ガイドラインに従わないと、PCまたは他のPCに挿入されたドングルキーが見つからない場合があります。 また、他のPCでドングルキーが見つからない場合があります。

ドライバーに関する既知のバグ

* Sentinel LDK Protection System Error : invalid XML scope (36)
  Network版ドングルキーを使用している場合や、使用しているMacにインストールされたドライバーが壊れた場合に発生します。

* 次の状況で発生した時
→ Network版ドングルキーの場合(Standalone版ドングルキーの場合、このバグは確認されていません。)

→ 2.1.44以降のバージョンのCLO Network版の場合 (Sentinel LDK7.1バージョンに上書き)
→ ドングルキーを他のPCに挿した場合 
→ MacのSentinelドライバーのバージョンが13.20の場合
→ Sentinelドライバー16.0のバージョンを再インストールすると、正常に動作します。

* 複数のSentinelドライバがマウントされている場合、ソフトウェアは仮想ファイルを検出できません。
   ドライバーが既にインストールされている場合は、マウントを解除し、新しいドライバをマウントします。

* ドライバーは、PC起動後、数秒後に動作を開始します。
   ドライバーが正常に起動しない場合には、PCを再起動します。

* Sentinelドライバーをアンインストールする時は、すべてのドングルキーを外しておく必要があります。


install04.png

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
38人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。