CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

DXFのインポート/エクスポート

フォローする

目次 

DXF インポート / インポート (追加)

DXF エクスポート

 

Objective

DXFは産業パターンCADの標準フォーマットであり、2Dパターンの情報を保存します。
CLO3Dは現在、ユカ(YUKA)、ガーバー(Gerber)、レクトラ(Lectra)、スタイルキャド(StyleCAD)、オプティテックス(Optitex)、パッドシステム(PAD System)など、ほとんどのパターンCADをはじめ、 DXF-AAMA, DXF-ASTM ファイルで互換できます。

※ 参照 : CADごとにDXFファイルをエクスポートするオプションが異なり、パターン情報を構成する方式が異なりCLO 3DでDXFファイルを読み込んだとき、部分的に問題が表示されることがあります。 このような場合には お問い合わせ ページに問題になるファイルを送っていただければ解決いたします。


Location

メインメニュー▶ファイル▶インポート / インポート(追加) / エクスポートDXF


Operation

DXFDインポート / インポート(追加)

  1. Locationのツールメニューをクリックします。
    →ファイル探索ウィンドウが表示されます。

  2. DXFファイルを選択し、 開く ボタンをクリックします。
    → DXFインポート画面が開きます。

      
  3. 詳細項目を設定し、 確認 ボタンをクリックします。
    基本 サイズ パターンCADで使用した寸法単位を選択します。
    回転 全パターンを時計反時計回りに回転します。

    オプション

     

     

    パターンコメントのインポート

    パターンコメント情報を一緒に読み込みます。

    全基礎線を
    内部線にトレース

    全ての基礎線を内部線としてトレースします。

    裁断線と仕上がり線を入替え

    パターンの縫い目(Cutting lines縫い目)と仕上がり線(Sewing lines縫い目)が入れ替わって入ってくる場合は、この項目をチェックします。

    * 縫い目と仕上がり線は、DXFを出したパターンCADのエクスポートオプション設定によって変わることがあります。

    ノッチを含む 裁断線と仕上がり線を入れ替えた時、ノッチも一緒に移動します。
    パターンの再配置 DXF ファイルのパターンを近くに再配置します。
    全カーブ点最適化 DXF ファイルのカーブ点の数を最適化します。
    縫い代に変換
    (ver 6.1)
    CADの縫い代をCLOの縫い代として読み込みます。
    ※参照 : CLOで対応していない縫い代の開始·端·角の種類の場合、基本設定として適用されます。 
    グレーディング情報の
    無い点の削除
    (ver 6.1)
    グレーディング情報のない直線、曲線点を削除して点の数を最適化します。  
    ※参照 : CLOと曲線点の種類が異なるAAMA形式のDXFファイルのみ必要なオプションです。
      

DXF エクスポート

  1. Locationのツールメニューをクリックします。
    →ファイル探索ウィンドウが表示されます。

  2. ファイル名と保存経路を設定し、確認ボタンをクリックします。
    → DXFエクスポート画面が表示されます。  

  3. 詳細項目を設定し、 確認 ボタンをクリックします。
    基本 選択パターンをエクスポート 該当ファイルに適用されたグレーディングのSize Groupの中から、エクスポートしたいSize Groupを選択します。 1つのファイルに1つのSize Groupだけを選択して表示できます。
    ファイルフォーマット エクスポートするフォーマットを設定します。
    サイズ パターンの単位を設定します。
    回転 全パターンを時計反時計回りに回転します。
     オプション
    現在のサイズのみをエクスポート グレーディング情報を除き、現在のサイズのみ表示します。
    基礎線を除いてエクスポート 基礎線を除いたパターンをエクスポートします。
    縫い代にノッチを複製 パターンの外周線のノッチを縫い代に複製します。
    裁断線と仕上がり線の入替え CLOとパターンCADで定義する裁断線と仕上がり線のタイプが互いに異なることがあります。この場合、DXFでエクスポートする際にCutting line(裁断線)とSewing line(仕上がり線)を交換してエクスポートします。
    カーブポイントをストレートポイントに変換 (AIのみ) AI(Adobe Illustrator)でDXFをインポートした時、曲線情報が正しく入ってこず、パターンの一部が歪曲されることがあります。 この場合、パターンの全てのカーブポイントをストレートポイントに変換することで解決できます。
    全カーブ点最適化 線分に追加されている自由曲線点の数を最適化することで曲線を簡単に修正できます。
    パターンのバウンディングボックスをエクスポート
    (統合バウンディングボックス/
    個々の バウンディングボックス)
    パターンをバウンディングボックスと一緒にエクスポートして、フォトショップ、イラストなどで作業する時にイメージ修正を便利にできます。
    選択パターンのみ表示(ver 6.1) すべてのパターンではなく、選択したパターンだけを表示します。

     

     

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
29人中18人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。