CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

クイックスタート

フォローする

List of Contents

画面構成

ビューコントロール–3D

ビューコントロール–2D

シミュレーション

配置

縫製

シミュレーション手順

フィットチェック

衣装の完成度を高める

 

画面構成

  • ライブラリ

    -ライブラリウィンドウは左端にあります。

    -アバター、衣装、副資材など、CLOが提供するデフォルトのアセットを開いて使用します。
    -頻繁に使用するフォルダをライブラリウィンドウに追加すると、CLOで直接アクセスすることができます。

    -頻繁に使用するフォルダをライブラリウィンドウに追加するには、[追加(+)]ボタンをクリックし、ファイルブラウザから追加するフォルダを選択します。次に、[フォルダーの選択]をクリックします。

    -クイックスタート練習ファイルを含むQuickstart_Filesフォルダーを追加します。

    -練習ファイルはこちらからダウンロードしてください。

  • 3D画面/ 2D画面/オブジェクトブラウザ/属性編集

    -3D画面はライブラリウィンドウの右側にあります。3D画面で、アバターとダミーを読み込み、3D衣装をシミュレーションすることができます。

     

    -2D画面は3D画面の右側にあります。 DXFファイルを読み込み、パターンを編集および縫製します。

     

    -オブジェクトブラウザでは、3D画面と2D画面で使用されているすべてのアイテムが表示されます。 デフォルトでは、[生地]タブが選択されています。

     

    -オブジェクトブラウザから選択したアイテムに関する属性が属性編集に表示されます。属性を確認して編集します。

  • 下部のボタン

    -ソフトウェアの右下隅に3つのボタンがあります。

     

    -中央のボタンをクリックすると、2D画面が非表示になり、3D画面のみが表示されます。

    -右側のボタンをクリックすると、3D画面が非表示になり、2D画面だけが表示されます。

    -3D画面と2D画面の両方を表示するには、左側のボタンをクリックします。


ビューコントロール-3D

  • 3D画面の拡大/縮小

    - マウスカーソルのホイールを上下に動かすと、3D ウィンドウが拡大・縮小されます。

 

  • 3D画面移動

    - マウスカーソルのホイールを押しながらドラッグすると、3Dウィンドウを移動することができます。

 

  • 3D画面回転

    -マウスの右ボタンを押したままドラッグして、3Dウィンドウを360度回転させ、3D衣装の隅々まで表示させることができます。

 

  • コントロールメニューの表示

    - 3Dウィンドウでアバターの前後左右を見るには、ビューコントロールに関連するメニューを使用します。

    - メニューは右クリックのポップアップメニューから表示することができます。3Dウィンドウ上の何もない場所を右クリックしてポップアップが表示されたら、必要に応じて前面、背面、左、右などを選択します。

    - 各メニューの横にあるショートカットを覚えておくと、より効率的に作業することができます。

 

 

ビューコントロール-2D


-マウスカーソルのホイールを上下に回転させて、2D画面がそれぞれ拡大・縮小されます。

-マウスカーソルホイールを押しながらドラッグすると、2D画面を移動することができます。 



ミュレーション


-mceclip3.png シミュレーションツールを使用して、3D衣装に重力を適用します。

-3Dツールバーからシミュレーションツールを選択すると重力が3D衣装に適用され、固定されていないすべてのパターンに重力がかかります。

-シミュレーションが有効な状態でパターンをクリック&ドラッグすると、実際の布のように動きます。

-ただし、シミュレーションが非アクティブになっている際にパターンをクリック&ドラッグすると、重力が3Dウィンドウに適用されなくなるため、パターン全体は固まった状態で移動します。

 

 

配置

-アバターの周りにパターンを配置することで、より早く、より簡単にシミュレーションを行うことができます。

 

-3D画面ではクリック&ドラッグでパターンを配置することができますが、配置点を使用するとより速く作業ができます。3D画面のトグルメニュー内の2番目のアイコンにマウスカーソルを合わせ、配置点表示アイコンを選択します。

 

-配置点を使用する場合は、配置するパターンを選択してから、目的の配置点をクリックします。

 

-配置点を使用してパターンを配置すると、パターンはアバターの周りに曲線で配置されます。
配置点表示をオフにするには、再度配置点表示アイコンを選択します。

 

-配置点表示を使用して配置した後でも、クリック&ドラッグでパターンを移動することができます。

 

縫製


-パターンを結合するには、パターンの縫合設定を行う必要があります。

-2Dツールバーの線縫い合せまたは自由縫い合せツーを使用して、パターンに縫合設定を行います。

  • 線縫い合せ

    -線縫い合せツールを使用して、2点間の線分を縫い合せます。

    -縫製する各線分をクリックして、縫製のペアを設定します。

    -縫合線を設定する際、ねじれないように方向ノッチに注意してください。

    -パターンに縫合線を作成した後、シミュレートするとパターンが3D画面上で結合されます。

  • 自由縫い合せ

    -自由縫い合せツールを使用して、縫合線の開始点と終了点を任意に決定し、パターンの外周線と内部線に沿って縫合線を自由に確立します。

    -合計4回クリックして、自由縫い合せ線のペアを作成します。パターンの外周線または内部線をクリックして開始点を作成し、マウスをドラッグして縫製線の方向を決定します。次に、再度クリックして、縫合線の前半を完了します。次に、縫合線の前半に縫い合わされるパターン外周線または内部線上にもう片方の縫合線を同じように設定します。

    -縫合線を設定する際、ねじれないように方向ノッチに注意してください。

    -パターンに縫合線を作成した後、シミュレートするとパターンが3D画面上で結合されます。

シミュレーション手順

  • DXFファイルをインポート

    -3D衣装を作成するには、2DCADプログラムで作成されたパターンを読み込んでください。

    -ライブラリウィンドウに追加した練習ファイルのあるフォルダをダブルクリックし、DXFファイルをダブルクリックして開きます。ポップアップウィンドウが表示されたら、[OK]をクリックします。

  • 半身頃パターンを両身頃パターンへ

    -半身頃パターンの場合、両身頃パターンを作成する必要があります。

    -すべてのパターンを選択し、右クリックして右クリックのポップアップメニューにアクセスします。ポップアップメニューから[対称パターン(縫い合せを含む)]メニュー選択します。このオプションを使用してパターンを複製すると、パターンの変更と追加された縫製線が自動的に対称パターンに反映されます。


  • 配置

    -配置点を使用して、アバターの周りにパターンを配置します。

    -対称パターンが対称配置点に配置されると、それらのペアは対称の配置点に自動的に配置されます。

  • 縫製

    -線縫い合せまたは自由縫い合せツールを使用して、縫合を設定します。

    -線分間上に分断点がない場合は、線縫い合せツールを使用します。線分上に縫合する点がある場合は、自由縫い合せツールを使用してください。

    -縫合線にねじれがないか確認してください。

  • シミュレーション

    -mceclip3.pngシミュレーションツールを選択して、パターンに重力をかけアバターに着用させます。パターンがアバターの近くに配置されるほど、シミュレーションは素早くなります。

フィットチェック

  • ポーズ変更

    -両腕を開いたアバターは、衣装のドレープを簡単にするために使用されます。3D衣装がアバターまたはダミーにドレープされたら、アバターにポーズを適用してフィットを確認します。

    -アバターのポーズを変更するには、ライブラリウィンドウのポーズフォルダからポーズファイルを読み込みます。
    ポーズを正しく読み込むには、現在使用している同じアバターのフォルダーを選択し、ポーズを選択してください。AttentionPoseファイルをダブルクリックします。

  • ネックラインとアームホールの長さを修正

    -3D画面では、3D衣装のネックラインとアームホールが伸びていることを確認できます。衣装の重さによるネックラインとアームホールの伸びを防ぐために、ネックラインとアームホールの周りにシームテープを貼ります。

    -2Dツールバーから 伸び止めテープツールを選択し、ネックラインとアームホールをクリックしてテープを適用します。

    -mceclip6.pngシミュレーションをアクティブにすると、ネックラインとアームホールが伸びていないことを確認できます。


  • アバターテープを描画

    -フィットを正確にチェックするには、3D衣装の肩線がアバターの肩線と一致している必要があります。

    -アバターの肩線をはっきりと確認するには、テープメジャー機能を使用して、アバターにアバターテープを描画します。
    3Dツールバーから基本テープメジャー(アバター)ツールを選択し、アバターの上にマウスを置き、開始点と終了点をクリックしてアバターテープを作成します。

    -アバターの一部の周囲にアバターテープを作成するには、基本周囲メジャー(アバター)ツールを使用します。このツールを使用する場合、始点、方向、終点を割り当てるために3回クリックします。

  • ショルダーラインを揃える

    -mceclip6.pngシミュレーションツールをアクティブにし、3D衣装をドラッグして、肩線をアバターの肩線に一致させます。
    -同じ手順を繰り返して、両側の肩線を一致させます。

衣装の完成度を高める

  • 生地を適用

    -適切な生地を使用して、正しくフィットすることを確認します。

    -目的の生地ファイルをクリックして、ライブラリウィンドウからパターンをドラッグします。

    -mceclip6.pngシミュレーション
    ツールをアクティブにして、3D衣装のシルエットの変化を確認します。 

  • 衣装の完成度を高めるツールを使用する


    -衣装の完成度を高めるツールは、衣装の完成度を向上させるために使用します。
    このツールを使用して、粒子間隔、追加の厚さ-衝突、スキンオフセットの値を一度に少なくさせることができます。

    -シミュレーション精度をフィッティング(高精度物性計算)に変更し、布の特性を正確に計算します。

    -OKをクリックして、3D衣装に変更を適用します。

    -これらの設定を適用すると、コンピュータのスペックによってはシミュレーションが遅く感じる場合があります。そのため、最後の段階でこの機能を適用することをお勧めいたします。



目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
64人中54人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。