CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

ジャケットの作成

フォローする

List of Contents

アバターの読み込み

DXFファイルのインポート

2D画面でのパターンの配置

パターン縫い合せ

3D画面でのパターンの配置

ボタンとボタンホールの追加

シミュレーション

アバターのポーズを変更

 

アバターの読み込み

-これはレディースジャケットです。ライブラリから女性アバターを読み込みます。

-ライブラリ内のAvatarという名前のデフォルトフォルダに移動してフォルダをダブルクリックします。アバターのサムネイルが表示されます。ダブルクリックするか、女性のアバターを3D画面にドラッグアンドドロップします。


DXFファイルのインポート

-追加した練習フォルダーに移動し、B_Basics▶e_Adjusting aJacketに移動します。
ファイルJacket_female.dxfをダブルクリックするか、3Dまたは2D画面にドラッグアンドドロップします。

-練習フォルダがライブラリに追加されていない場合は、[ファイル]> [インポート] > [ DXF(ASTM / AAMA) ]に移動します。ファイルJacket_female.dxfを探し、[開く]をクリックしてファイルをインポートします。オプションメニューはそのままで[ OK ]をクリックしてジャケットのインポートを完了します。



2D画面でのパターンの配置

  • パターンの配置

    -2D画面のアバターシルエットの周りにTシャツのパターンを配置します。パターンのレイアウトは3D画面に反映されます。

    -2D画面ツールバーから[mceclip0.pngパターン編集]ツールを選択します。2D画面で、袖のパターンをドラッグして囲います。正確に選択するため、パターンが完全に囲われるようドラッグしてください。選択した袖のパターンは黄色で強調表示されます。パターンを右クリックして、ポップアップメニューにアクセスします。[フリップ▶左右]を選択します。

    -縫製中の便宜のために、裏返した袖のパターンを前袖と後袖のパターンの間に配置します。袖山は、それぞれのアームホールに面している必要があります。



  • 対称パターン(縫い合せを含む)

    -衣装の半身頃パターンがあります。前身頃、後ろ身頃、袖のパターンを対称パターンとして両身頃に複製して、3D衣装を準備します。2Dツールバーの[mceclip0.pngパターン変形]ツールを使用して、パターンを選択していきます。2Dパターンがすべて含まれるようにドラッグして選択します。パターンは、選択されると黄色で強調表示されます。

    -パターンの1つを右クリックして、ポップアップメニューにアクセスします。[対称パターン(縫い合せを含む)]をクリックします。

    -コピーされたパターンのゴーストがマウスカーソルにくっつきます。2D画面をクリックして貼り付けます。選択したパターンとそれらが持つ縫製関係の両方が複製されます。


  • 2D画面でのクローンパターンの配置

    -複製したパターンを元のパターンの近くに配置します。2Dツールバーの[mceclip0.pngパターン変形]ツールを使用して、複製したパターンを2D画面の元のパターンの近くに移動します。

パターン縫い合せ

  • 肩線を縫い合せる

    -線縫い合せツールを使用して肩線を縫います。(縫い目がノッチに基づいて分割されていない場合は、  自由縫い合せツールを使用してノッチを一致させます。)

    -複数のパターンを1つのパターンに縫うには、2Dツールバーに移動し複数線縫い合せツールまたは複数自由縫い合せツールを使用します。線縫い合せツールまたは自由縫い合せツールのいずれかをクリックして押したままにすると隠れメニューが表示されるので、それぞれツールを選択します。


  • 前身頃、後ろ身頃を縫い合せる

    -ジャケットの前身頃のすべてのパネルを縫い合わせます。後ろ身頃も繰り返します。完成したら、ジャケットの前身頃と後ろ身頃の脇線を縫い合わせます。

    -前身頃と後ろ身頃のパターンの外周線は、2D CADノッチに基づいて複数の線分に分割されるため、線縫い合せツールを使用します。(縫い目がノッチに基づいて分割されていない場合は、自由縫い合せツールを使用してノッチを一致させます。)

    -複数のパターンを1つのパターンに縫うには、2Dツールバーに移動し複数線縫い合せツールまたは複数自由縫い合せツールを使用します。線縫い合せツールまたは自由縫い合せツールのいずれかをクリックして押したままにすると隠れメニューが表示されるので、それぞれツールを選択します。


  • 袖の縫い合せ

    -2枚袖を縫い合わせます。

    -袖山をそれぞれのアームホールに縫い付けるときは、パターンのノッチに注意してください。

    -2D CADノッチに基づいて複数の線分に分割されている場合は、線縫い合せツールを使用します。(縫い目がノッチに基づいて分割されていない場合は、自由縫い合せツールを使用してノッチを一致させます。)

    -複数のパターンを1つのパターンに縫うには、2Dツールバーに移動し複数線縫い合せツールまたは複数自由縫い合せツールを使用します。線縫い合せツールまたは自由縫い合せツールのいずれかをクリックして押したままにすると隠れメニューが表示されるので、それぞれツールを選択します。


    -縫合線がねじれないように、縫い合せ中方向ノッチに注意してください。

  • 衿と身頃を縫い合せる


    -2Dツールバーの複数線縫い合せまたは複数自由縫い合せツールを使用して、衿をジャケットの身頃に縫い合せます。

    -後中心から縫い合せを開始します。複数のパターンを1つのパターンに縫い合せるには、自由縫い合せツールを使用します。これを行うには、2Dツールバーに移動します線縫い合せツールまたは自由縫い合せツールのいずれかをクリックして押したままにすると隠れメニューが表示されるので、それぞれツールを選択します。
    -必要に応じて、自由縫い合せ、 線縫い合せ、自由縫い合せツールを使用します。
     

3D画面でのパターンの配置

  • 同期パターンの配置

    -3Dツールバーから[全パターン配置初期化]ツールを選択し て、2D画面と同じように3D画面のパターンレイアウトを反映します。

    -2D画面と3D画面の両方のパターン配置は同じように表示されます。


  • 配置点表示をオンにする

    -3D画面トグルバーよりアバター表示アイコンにカーソルを合わせると、メニューが展開されるので[ 配置点表示]をクリックし ます。配置点である青い点が、3D画面のアバターに表示されます。


  • パターンによって隠された配置点のクリック

    -簡単に配置点をクリックできるように、配置点を隠しているパターンを移動します。

    -CtrlキーまたはCmd + Aキーを押してすべてのパターンを選択します。パターンは、選択されると黄色で強調表示されます。 3Dツールバーから選択/移動ツールを選択し、パターンをクリックして、配置点にアクセスしやすいようパターンをドラッグします。


  • 簡単に配置するためのパターンの準備

    -ジャケットの前身頃を最適に配置するには、右前パターンを左前パターンの上に配置し、前中心で少し重ねます。


    -これを行うには、 選択/移動ツールを使用して、3D画面で右前パターンを選択し、ギズモツールにアクセスします。シミュレーションが不安定にならないように、パターンを少し前に引いて、左前パターンから離します。


  • 身頃と袖のパターンを配置

    -最初にパターンを選択し、次に配置ポイントを選択します。パターンは、配置されるとアバターの周りで湾曲します。両前身頃を選択し、前中心の配置点に配置します。後ろ身頃についても繰り返します。

    -袖のパターンを選択し、上腕にある配置ポイントを選択します。このファイルでは、アバターの腕の配置点が左右リンクされています。これは、袖の対称パターンがもう片方の袖の配置点に配置されると、もう一方の袖の配置点にも同様に配置されることを意味します。

    -アバターの胴体の周りに配置されているものを除いて、すべての配置ポイントはリンクされています。対称化された配置点の周囲は水色の輪郭で表示されます。


  • 衿の配置

    -アバターの後ろ首にある配置点に衿のパターンを配置します。

ボタンとボタンホールの追加

  • ボタンホールの追加

    -右前身頃のパターンにボタンホールを追加します。

    -
    3Dツールバーからmceclip4.pngボタンホールツールを
    選択します。 

    -2D画面に移動します。パターンには、ボタンホールの配置を示す紫色の基礎線があります。パターンを1回クリックして、ボタンホールを追加します。ボタンホールを表す線が2Dパターンに表示され、ボタンホールの画像が3Dに表示されます。


  • ボタンの追加

    -左前身頃のパターンにボタンを追加します。

    -3Dツールバーからmceclip6.pngボタンツールを選択します。

    -2D画面に移動します。パターンには、ボタンの配置を示す紫色の基礎線があります。パターンを1回クリックして、ボタンを追加します。ボタンを表す中央に十字が付いた円が2Dパターンに表示され、ボタンが3Dに表示されます。


ボタンとボタンホールの固定

-3D ツールバーから[mceclip7.png ボタンを留める]ツールを選択します。

-ボタンとボタンホールをクリックして、2Dまたは3D画面でペアにします。選択順序はシミュレーションには影響しません。

-ボタンは、ペアになっているボタンホールの上に表示されます。ペアの上にあるロックアイコンは、ボタンとボタンホールが固定されていることを示します。

 

シミュレーション

-3Dツールバーの[mceclip6.pngシミュレーション]アイコンをクリックして、変更を適用します。3D衣装が完全にドレープされたら、もう一度[mceclip6.pngシミュレーション]をクリックしてオフにします。 

 

アバターのポーズを変更

-アバターのポーズをAポーズから変更します。

-ポーズを適用するには、ライブラリ内のAvatarフォルダをダブルクリックします。使用中アバターのフォルダをクリックし、Poseフォルダをダブルクリックします。アバターのサムネイルが表示されます。3D画面のアバターと一致するフォルダーをダブルクリックします。ファイルpose_02_attention.posをダブルクリックまたはドラッグアンドドロップして、ポーズを適用します。

 

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
49人中32人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。