CLO HELP CENTER

How can we help you?

プリントレイアウトの2D配置の画像保存

フォローする

Objective

プリントレイアウトモードでパターンが生地に置かれた状態を画像として保存します。

 

Location

メインメニュー ▶ 右上のモード変更ボタンをクリック ▶ PRINT LAYOUT

 

Operation

  1. Locationのパスをたどります:

    メインメニュー ▶ 右上のモード変更ボタンをクリック ▶ PRINT LAYOUT

    → シミュレーションモードからプリントレイアウトモードに変わります。  

  2. 2D画面の左上にある[画像を保存]ボタンをクリックします。
    → 2Dスナップショット画面が表示されます。

  3. 2D画面でパターンを生地の上に配置します。この時、用紙のガイドラインに合せるようにパターンを配置するか、用紙のサイズを調整します。

  4. スナップショットのサイズとオプションを任意に設定します。

    オプション
    プリセット値 パターンがプリントされる用紙のサイズを設定します。 線を表示 表示させる線分を選択します。
    方向 用紙の向きを設定します。 画像を表示

    表示させる画像を選択します。

    用紙の幅を設定します。 情報を表示 表示させる情報を選択します。
    高さ 用紙の高さを設定します。    
    単位 用紙サイズの単位を設定します。    
    解像度 画像の解像度を設定します。    

     
  5. [保存]ボタンをクリックします。
    → ファイルを保存画面が表示されます。

  6. ファイル名と保存先のパスを指定して、[保存]ボタンをクリックします。
    → そのパスにプリントレイアウトの2Dスナップショットが保存されます。

※ 参照: 
 

  • __.png パターン編集(Z)を使用して、パターンの線分を選択することができます。選択された線分は、2Dスナップショット画像で黄色くハイライトされた状態で保存されます。
  • 2Dスナップショット画像の保存前に、 __.png パターン変形(A)を使用して、パターンの位置を変更することができます。
  • 2Dスナップショット画像の背景を透過して保存することができます。
  • パターンの対称情報と2D線分の長さを表示することができます。
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。