CLO HELP CENTER

How can we help you?

既定ファイル設定

フォローする

Objective 

ユーザー設定では、ソフトウェアのメニューの基本設定を、ユーザーの利便性に応じて変更することができます。
ソフトウェアを再起動すると、ユーザーが設定した環境がデフォルトで実行されます。 
ユーザー設定では、ショートカットキー、メニュー、グラフィックオプション、ビューコントロール、既定ファイル、フォント設定、その他のプロパティを設定することができます。


Location

メインメニュー ▶ 設定 ▶ ユーザー設定 ▶ 既定ファイル


Operation

    1. 該当するツールをたどります:

      メインメニュー ▶  設定 ▶ ユーザー設定 ▶  既定ファイル  

      衣装 & アバター 
      プロジェクト (ZPRJ)
      プログラム実行時に基本的に読み込むプロジェクトファイルのパスを設定します。
      サムネイル
      4面(前、右、後、左)を保存
      ZPRJ&ZPACファイルのサムネイルを基本4面(前·右·後·左)に保存するか、 マルチビュースナップショット ファイル(MVS)を呼び出して設定したオプション通りに保存します。 (ver 6.1)
      ※参照 : 3Dビューの衣装に合わせる のオプションを設定する場合、3Dビューがすべてのオブジェクトではなく衣装に合わせて自動調整されます。
      Alvanon 認証ファイル (APF) Alvanon 認証ファイル(APF)のパスを設定します。
      生地 & 副資材 生地物性 (PSP) 基本的に使用する生地の物性ファイル(PSP)の経路を設定します。
      テクスチャ画像 テクスチャ読み込み経路 テクスチャファイルを読み込む場所を設定します。
      テクスチャ更新経路
      テクスチャファイルを更新する経路を設定します。
      シミュレーション 属性 基本で設定されるシミュレーションプロパティファイル(MSTP)の経路を設定します。
      自動保存
      時間間隔(分) 自動保存される時間間隔を分単位で設定します。
      ファイルタイプ 自動保存されるファイルタイプを設定します。
      ファイルパス 自動保存されるファイルの保存経路を設定します。
      ユーザー設定 カラーパレット 基本的に使用するカラーパレットファイル(ACO)のパスを設定します。
      衣装情報

      基本的に使用する衣装情報ファイルのパスを設定します。

この記事は役に立ちましたか?
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。