CLO HELP CENTER

どのようなご用件でしょうか?

生地にパターンを配置 (ver 6.2)

フォローする

目次

パターン配置

配置停止 

配置設定 

配置初期化

スナップショット

   

Objective

生地の使用を最小限にするためにパターンを効率的に配置し、生地用尺を確認します。 


Location

右上のモードの変更ボタンをクリック ▶ PRINT LAYOUT▶ツールバー▶パターン配置/配置停止/配置設定/配置初期化/スナップショット 

 

Operation

パターン配置

  1. Locationのメニューをクリックします。
    →生地にパターンが最適化された状態で配置され、計算された結果が表示されます。 

※参照:直接パターンをクリック▶ドラッグして設定した生地幅の中に移動させて配置するか、並べ替え、および一定の間隔で整列機能を使用してパターンを配置することができます。  

  

 

配置停止

  1. Locationのメニューをクリックします。
    →パターン配置が停止されます。

 

※参照:

  • 配置時間を節約するために配置完了を待たずに、任意の時点で配置を停止し、その時点までに計算された回数の結果で配置することができます。
  • パターン数に応じて配置計算回数が異なります。回数が高いほど、最適の配置結果を得ることができますが、パターン数が多いほど、計算回数が高くなり、より多くの時間がかかります。進行バーがフルになると、1計算が完了したことを意味します。

  

配置設定

  1. Locationのメニューをクリックします。
    →[属性編集]ウィンドウに配置属性が表示されます。
      
  2. 各属性を設定します。 
    メニュー 説明
    配置オプション
    衣装数
    量産のため、生地に配置する衣装数を入力します。 
    全グレーディングサイズ配置 衣装のすべてのグレーディングサイズを生地に配置します。 
    カラーウェイ すべてのカラーウェイを生地に配置したり、右側のカラーウェイ選択ボタンをクリックして、選択したカラーウェイのみ配置します。 
    地の目方向

    一方向

    パターンを生地の地の目方向に沿って一方向に配置します。

    二方向

    地の目を逆方向にしたパターンも含め最適化された状態でパターンを配置します。

    パターンの間隔

    パターン間の間隔を設定します。

    情報 単位 単位を設定します。
    生地幅 生地幅と長さを確認します。 
    効率 生地用尺 総生地100%を目安に、パターンに使用された生地の面積が%で計算されます。
    残反 パターンで使用された面積を除いた残りが%で計算されます。 
    領域
    配置されたパターン 生地に配置されたパターンの面積を確認します。
    レムナント パターンが配置されていない残りの面積を確認します。 
    パターン パターンの合計数と配置されたパターンの数を確認します。 

       

 

配置の初期化

  1. Locationのメニューをクリックします。
    →パターンを初期の配置状態に初期化します。 

 

  

スナップショット

  1. Locationのメニューをクリックします。
    2Dスナップショットウィンドウが表示されます。 
      
  2. オプション設定をし、パターンが生地に配置された状態を画像として保存します。

 

※参照: 芯/漉きが設定されたパターンと内部図形はタブに別々に分類されます。(ver 6.1) 

 

リストに戻る

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

サインインしてコメントを残してください。