CLO HELP CENTER

How can we help you?

生地の適用

フォローする

目次

パターンプロパティ画面で生地の適用

パターン選択後の生地の適用

パターン選択後に新しい生地を適用

フォルダから適用

ライブラリ(Library)から適用

生地タブから適用

 

Objective

パターンに生地(.zfab)を適用します。


Operation

パターンプロパティ画面で生地の適用

  1. パターンをクリックし、属性編集画面(Property Editor) ▶ 生地 で適用する生地を選択します。
    → そのパターンに生地が適用されます。
※参照: パターンプロパティの生地のプルダウンリストには、生地タブにある生地のみが表示されます。

パターン選択後の生地の適用

  1. パターンを選択します。
       
  2. 次のパスをたどります:

    オブジェクトブラウザ(Object Browser) ▶ 生地タブ ▶ property_btn_assign_none.png 各生地の右側にある適用ボタン

    → 選択したパターンに生地が適用されます。

パターン選択後に新しい生地を適用

  1. パターンを選択します。
       
  2. 次のパスをたどります:

    オブジェクトブラウザ(Object Browser) ▶ 生地タブ ▶ __._______.__________________.png タブ右上の適用ボタン

    パターン右クリックのポップアップメニュー ▶ 新しい生地を適用
    → 新しい生地が生地リストに追加され、同時に選択されたパターンに適用されます。
       

フォルダから適用

  1. Windowsのファイルエクスプローラで生地のファイルがあるフォルダを開きます。
       
  2. フォルダから希望の生地ファイルをドラッグして2Dパターン画面のパターンや3D衣装画面のパターンの上でドロップします。
    → そのパターンに生地が適用され、生地リストに新たな生地が追加されます。
       
  3. フォルダから生地ファイルを生地タブにドラッグ&ドロップする場合
    → 既存の生地上にドラッグ&ドロップすると、その生地がドロップした生地に変わります。
    → 生地タブの空白スペースにドラッグ&ドロップすると、新しい生地として追加されます。
       

ライブラリ(Library)から適用

  1. ライブラリ(Library)で生地ファイルがあるフォルダを開きます。
       
  2. 希望の生地ファイルをドラッグして2Dパターン画面のパターンや3D衣装画面のパターンの上でドロップします。  
    → そのパターンに生地が適用され、生地リストに新たな生地が追加されます。
       
  3. 生地ファイルを生地タブにドラッグ&ドロップする場合
    → 既存の生地上にドラッグ&ドロップすると、その生地がドロップした生地に変わります。
    → 生地タブの空白スペースにドラッグ&ドロップすると、新しい生地として追加されます。
       

生地タブから適用

  1. 希望の生地ファイルをドラッグして2Dパターン画面のパターンや3D衣装画面のパターンの上でドロップします。  
    → そのパターンに生地が適用されます。
       

目次に戻る

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

ログインしてコメントを残してください。